葬儀ビジネス研究所│コンサルティング│商品・サービス開発

葬儀ビジネス研究所│商品・サービス開発

商品・サービス開発

葬儀業界での商品開発

 葬儀で使用される葬具や備品にも流行があります。例えば祭壇。戦後しばらくは、机に白布をかけただけの簡単な祭壇が主流でしたが、高度成長期に入り葬具メーカーの開発により3段、4段、5段と段を重ねて幅も広がり、祭壇が大型化していきました。6尺、7尺祭壇はあたりまえ、10尺や12尺ものロング祭壇も登場していますが、これらが流行ったのはそう遠い過去の話ではありません。

 一般的に、新商品を開発するにあたっては、仮説・検証を繰り返すことによって消費者のニーズの変化が売り上げにどのような影響を及ぼすかを分析しています。このように得られたデータに基づいて、メーカーや卸売り業者などとチームを組み、オリジナリティの高い商品を輩出することができます。
 しかし、葬儀業界での商品の開発では、今までメーカーや卸売り業者任せであったり、提案の中から選択するという形が主流でした。今後は、消費者の情報に一番近い葬儀社が主導権を握り、積極的に情報の共有化を推進しながら商品の開発が行われることも増えていくと考えられます。

事前・事後サービスの強化へ

 他社との差別化を明確にし、オンリーワン企業を目指すために、どのようなサービスを提供するか頭を抱えている葬儀社は多いことでしょう。
 通夜・葬儀一連の流れの中で、演出的なサービスを考えていくことはもちろんですが、今後は事前・事後サポートの強化が鍵を握るといっても良いでしょう。

 ただし、労働集約型の葬儀社の場合はサービスの提供にはコストがかかりますので、過剰なサービス合戦は長期的視野で見ると健全ではありません。世の中の移り変わりとともに、心理的財布の中身も変わってきますので、有償・無償両方を視野に入れて考えていくと良いでしょう。




エンディングノートの制作

家族へのおもいやり

 エンディングノートとは、「もしも」のことが起こったときのために、伝えておきたい様々な事項を記入しておくノートのこと。財産や相続だけでなく、自分史や葬儀についての要望、家族へのメッセージを綴ることができる書き込み式のエンデイングノートが書店や文具店で数多く市販されています。エンディングノートは遺言とは違い、法的に効力はありませんが、例えばイザとなったとき、残された人が重要事項を決定する際の道しるべとなることがあります。また、気持ちをさりげなく周囲に伝えるコミュニケーションツールとしての側面もあります。

販促ツールに利用する

 近年は、エンディングノートを販促・集客ツールに活用する業者が増えていいます。葬儀関連業はや相続に携わる士業、ファイナンシャルプランナーを中心に、エンディングノートに関するセミナーが各地で頻繁に開かれています。エンディングノートといえば、どちらかというと自分がいなくなった後のための身辺整理という意味合いが強いですが、「老後の行き方暮らし方ノート」を制作している全国社会福祉協議会のように、遺言や相続の段取りといった内容よりも、普段の記録や日常生活に必要な人や組織などの関係図を記録したり、地域社会の希望する姿と自らの役割を考える項目があるなど、これから同過ごしていくかを思い描けるような構成になっているものもあります。

エンディングノートの作成に関するお問い合わせはこちらから
※貴社オリジナルエンディングノート(販促用小冊子)の企画・制作を承ります




葬儀・弔事関連の商品・グッズの企画・開発

実用小物、アイディア商品の開発

 葬儀や法事などで使用される黒モノ商品は多数ありますが、すべてが実用的であるとは限りません。また時代とともに、必要とされるモノも違ってきます。
 たとえば、袱紗(ふくさ)。最近では祝儀と不祝儀の包み方を知らない人が多いため、あらかじめ折ってあるタイプや袋状になっているタイプが主流になっています。数珠(念珠)入れはどうでしょう?本来ならばきちんと包んでバッグ入れるのがマナーとされていますが、そのまま放り込んだり、ポケットに無造作に入れたりしている人がほとんどなのではないでしょうか?

 黒いバッグひとつとっても、市販されているフォーマルバッグ(弔事用)が必ずしも使い勝手が良いとはいえません。気候などに配慮されていない喪服もしかり。現代の事情やニーズに合わせた商品の企画・開発の必要性があると感じています。

商品企画の例

■バッグカバー
大きめバッグもすっぽり入る黒のバッグカバー

バッグカバーバッグカバー。撥水加工されています

■フォーマルジャガードバッグ
収納力抜群でとても軽いのに、型崩れなし。肩にもかけられるので、焼香や献花の際も両手が空きます。
フォーマルジャガードバッグフォーマルジャガードバッグ。収納力抜群

■フォーマルレース手袋<売れています!>
派手なネイル、急な参列で落とせない!という時に。焼香時には指3本分、先が開くので、さりげなく焼香することができます。

フォーマルレース手袋、派手なネイルでも安心フォーマルレース手袋、派手なネイルでも安心




籍のお知らせ

shigorikon.jpg

2017年2月「死後離婚」が洋泉社より発売されました。

お墓の大問題.jpg

2016年8月「お墓の大問題」が小学館より発売されました。

ゼロからわかる「墓じまい」

2015年1月21日「ゼロからわかる墓じまい」が双葉社より発売されました。

はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル 吉川美津子

2014年8月1日 「はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル」が秀和システムより発売されました。

終活のはじめかた 吉川美津子 おがたちえ

2013年7月5日 コミックエッセイ「終活のはじめかた」がメディアファクトリーより発売されました。吉川が主人公で登場しています!

葬儀業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 吉川美津子

2010年3月15日 「葬儀業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」が秀和システムより発売されました。



修本

81RvdQbTPBL._SL1500_.jpg

2015年7月 「おひとりさまの老後のお金と暮らしの本」がマイナビより発売されました。吉川が漫画で登場しています。

gakkenending.jpg

2015年7月 監修本「星の王子さまエンディングノート」が学研パブリッシングより発売されました。

61fLi4eFOBL._AA160_.jpg

2015年2月27日監修本ゆうゆう「終活バイブル」が主婦の友社より発売されました。

未来へ残すエンディングノート

監修本「未来へ残すエンディングノート」が集英社より発売されました。


れています!


フォーマルレース手袋フォーマルレース手袋

企画商品「フォーマルレース手袋」が売れています。
フォーマルジャガードバッグ」「バッグカバー」も好評発売中。

All About「葬儀・お墓」サイト記事連載中
All About「葬儀・お墓」関連記事連載中

イザとなったときあわてないために、葬儀のノウハウをわかりやすく解説しています。喪主マナー、参列マナーも充実!

niftylogo.gif

ニフティ「暮らしづくり終活」
コラム・メルマガ連載中

有名人の葬儀、お墓の取材レポートなどをお伝えしています!

dreamgate.jpg
独立起業を支援する
「ドリームゲート」アドバイザー


アメブロ更新中
アメブロ更新中
*ツイッターはこちら



喪服・弔事小物のマナー
喪服・弔事小物のマナー



いい葬儀
「お葬式あらかると」連載中

葬儀に関するコラムを連載しています。雑学的な話題中心で。